石粉粘土でポケモンフィギュアをつくろう(ウインディ編①)

スポンサーリンク
アイキャッチ(石粉粘土ウインディ①) ゆるく(生活)
石粉粘土でポケモンフィギュアをつくろう第6弾!今回はウインディです!(製作中のため途中まで)粘土は趣味費としては格安で長く遊べるのでオススメです!コロナ禍のお家時間にいかがでしょうか?
るーと
るーと
こんにちは、るーとです。
かわいい系が増えてきたので、今回はウインディをかっこよく作っていきます!

伝説じゃないのに「でんせつポケモン」ウインディ。伝説っぽい風格を持たせて作っていきます。今回はまた『ラドール プレミックス』の石粉粘土を使っていきます。僕が初代・金銀世代なので作るのが偏っていますね。

石粉粘土とは

石粉粘土は100均でも手に入る造形用粘土で、初心者でも簡単にフィギュアづくりが楽しめます!僕自身も素人ですが少しずつフィギュアっぽく作れるようになってきました。

石粉粘土の特徴や必要なグッズなどは以下の記事を参考にしてください。できるだけ分かりやすくまとめています。

石粉粘土でフィギュアを作ろう!初心者向け解説とグッズ紹介
「粘土でフィギュア制作をしてみたい…けどよく分からなくて手が出せない」という初心者向けに石粉粘土の造形と必要なグッズについて解説します!必須レベルに分けて紹介するので、少しずつ揃えていけばOKです。粘土楽しいですよ!一緒に好きなフィギュアを作りましょう。

過去作はこんな感じです。

【過去作】石粉粘土でフィギュアを作ろう!初心者でもできた作品まとめ
石粉粘土なら簡単・お手軽にオリジナルフィギュアがつくれます!「初心者でもこれくらいなら簡単に作れます」ということで作品をまとめています。粘土楽しいですよ一緒に粘土こねましょう!
るーと
るーと
少しでも粘土人口増えればいいな!簡単で面白いので少しでも興味があれば石粉粘土を買って遊んでみましょう。材料費だけなら数百円程度です!

顔パーツ作成

今回は顔から作って全体の大きさを決めようと思います。ニドキングと同じようにややリアル寄りを目指して作っていきます!

石粉粘土 ポケモンフィギュア ウィンディ スパチュラ 顔

スパチュラで毛並み作り

ウインディは目の周り以外に毛並みがあります。粘土が柔らかいうちに、ナイフ形の『スパチュラ』で毛並みを彫りました。

ナイフ形のスパチュラは溝の深いスジ彫りにも使うため、目・鼻・口部分もこのナイフ形スパチュラでつくってます!マジ便利。

石粉粘土 造形 スパチュラ ナイフ

針金とアルミホイルで骨組み

針金(径2mm)で骨組みを作り、その上にアルミホイルで芯材を作ります。中心をアルミホイルにすることで、粘土の節約と乾燥時間の短縮ができます。

石粉粘土 ポケモンフィギュア ウィンディ 針金 アルミホイル 芯材

アルミホイルが剥がれやすいところを布テープでとめてますが、布テープと石粉粘土はくっつきが悪いので注意してください。仮どめで使用していますが、粘土を盛る際には剥がします。

筋肉盛り

骨組みに気持ち筋肉や骨格を意識して粘土を盛っていきます。崖の上からこちらを見下ろしているようなポーズにしました。(毛がないと鹿みたい…)

石粉粘土 ポケモンフィギュア ウィンディ 粘土 筋肉盛り

筋肉などの凹凸は、①凸部分に粘土を盛りなだらかにならしていく」「②表面が少し乾燥したくらいで凹部分をへこませていくの2パターンで作っています。

背中から後ろ脚にかけてやや貧弱だったので追加で筋肉盛り。あと目が気に入らなかったので埋め直してます。石粉粘土の利点はこういったやり直しが簡単だということです。

石粉粘土 ポケモンフィギュア ウィンディ 粘土 筋肉追加

脚先作り

次に脚先をつくります。粘土をざっくりつけてナイフ形スパチュラで指と指の間の溝を作ります。その後、耳かきみたいなスパチュラで腱の凸を残して凹ませます。このスパチュラが地味に使いやすい!

石粉粘土 造形 スパチュラ 耳かき

石粉粘土 ポケモンフィギュア ウィンディ スパチュラ 後ろ脚

前脚と後ろ脚を作って全体のフォルムはこんな感じで完成!ふむふむウインディに近づいてきました。

石粉粘土 ポケモンフィギュア ウィンディ 粘土 全体フォルム完成

目作り(自作アイパーツ)

今まではアイペイント(絵の具塗装)でやっていましたが、一発勝負感があり苦手でした。造形時点で何とか作れないかと思い、今回は透明のビーズでアイパーツを自作して埋め込んでみました。必要なものは、100均のビーズ金色の折り紙です!

まずはビーズをニッパーで半分に切断します。何個か割ってみて、一番キレイで曇りがないものを選びます。

石粉粘土 ポケモンフィギュア アイパーツ 自作 ビーズ

次に折り紙に瞳をマジックで書きます。何パターンか試しましたが、ただの点を書くとちょうどビーズの穴に沿って縦長の瞳ができていい感じになりました。接着剤で貼り付けてデザインナイフで切り取ります。超簡単ですね!

石粉粘土 ポケモンフィギュア アイパーツ 自作 ビーズ

途中でアイパーツを考えたので、目の部分を削ります。初めからアイパーツを使うなら粘土が柔らかいうちに埋め込むべきですね。ハンドリューターのボールビットで丸く削っていきます。

石粉粘土 ポケモンフィギュア ハンドリューター ボールビット

石粉粘土 ポケモンフィギュア ウィンディ 粘土 目の部分を削る

先程のアイパーツを仕込んで周りを粘土で囲います。この方法なら粘土が固まるまで何度でも位置を微調整できるため、なかなか良い方法を見つけました!次からはアイペイントでなくこの方法でやろうかな。初チャレンジにしてはいい感じではないでしょうか!

石粉粘土 ポケモンフィギュア ウィンディ 粘土 アイパーツ 自作

やすりがけ

全体的にやすりがけをして微調整と表面処理をしました。とはいえウインディはあまりツルツルした部分がないので、ほどほどで終わります。#400くらいまでやすりがけしています。

今回も『神ヤス』を使ってます!1年近く使ってもまだ使える素晴らしいヤスリです

神ヤスが神すぎるので記事にまとめました!以下のリンクで使い方のコツや種類をまとめています。
プラモ・粘土のやすりがけ必須アイテム『神ヤス』使い方のコツや種類
フィギュアやプラモづくりをしていて必須となる「やすりがけ」作業。やすりがけが最高に楽しくなる神アイテム「神ヤス」について、使い方のコツや種類など紹介していきます。

神ヤス

神ヤスとは?
スポンジと布ヤスリが合体された商品で、曲面や平面などの成形がしやすいヤスリです。特に曲面部分のヤスリがけがすごくきれいで滑らかにできます!
また、サンドペーパーは基本使い捨てですが、神ヤスは石粉粘土を削った程度ではほぼ目詰まりしません。(サーフェイサー後は無理)使用後に水洗いをすれば石粉粘土は水に溶けて流れていくので、何度でも再利用できます。
神ヤス 石粉粘土 やすり 水洗い
限度はあるでしょうが、1年ほど使っていてもほぼ劣化なしでスポンジのヘタリもありません。最近100均にもスポンジヤスリが売ってましたが全然ダメでした。ゴッドハンド製の神ヤスは、まさにです。

毛並み作り

ウインディは顔周り・顎下・脚の関節・しっぽ部分に毛並みがあります。クッキングシート(クリアファイルなどでも可)の上で薄く広げて、ナイフ形のスパチュラで線を書き、毛束の形に切断して貼り付けていきます。

石粉粘土 ポケモンフィギュア ウインディ 粘土 毛先 毛束

石粉粘土 ポケモンフィギュア ウインディ 粘土 毛並み

接着面が少ないため、接着力をより強くするため水溶きボンドを使っています。ボンドを水に溶かしただけですが、強度がかなり上がります。

石粉粘土 ポケモンフィギュア ウインディ 粘土 毛並み 水溶きボンド

毛量が多い所は下の毛が乾いてから上に盛るため、何日かに分けて毛を乗せていきます。ただめちゃくちゃ時間がかかったうえ、毛先の強度が脆いためもっと太い毛束で作れば良かったかなと途中で後悔しました。(まぁ納得いく出来になったので結果オーライ!)

石粉粘土 ポケモンフィギュア ウインディ 粘土 毛並み

あと牙を忘れてました。このサイズは流石に粘土だと一瞬で壊れそうなので爪楊枝で作りました。

石粉粘土 ポケモンフィギュア ウインディ 粘土 造形完成

細かいやすりがけはまだですが、これでウインディ本体の造形は大体完成!次は土台を作っていきますが、今回の記事ではここで一旦おしまい!なかなか良い出来になりましたが、相変わらず時間が結構かかりました(ここまでで1ヶ月ほど)

続きを公開しました!次で完成です

石粉粘土でポケモンフィギュアをつくろう(ウインディ編②)
石粉粘土でポケモンフィギュアをつくろう第6弾(完成まで)!今回はウインディをリアル寄りで作っていきます!粘土は趣味費としては格安で長く遊べるのでオススメです!コロナ禍のお家時間にいかがでしょうか?
↓もし作品がよければ投票お願いします。ブログ・粘土制作の励みになります!
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

子どものために始めた粘土ですが、普通に自分の趣味になってきました。リアル寄りのポケモンを作るの楽しい!次に作りたいものも色々ありますが制作が追いついていません・・・

既製品やガチャガチャで手に入れるのも良いですが、自分も楽しみつつ世界に一つだけのフィギュアを子どもにあげれるのも楽しいですよ!あなたも粘土をやってみませんか?

これからもゆるく、しっかりと生きていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました